Entries

南アフリカは春の始まり⑯

2004年9月10日~9月12日
IBBY(国際児童図書評議会)南ア大会のポスト・コングレス・ツアーに参加しました。



9月13日。

旅も終わりに近づきました。

この日は西海岸のほうに戻って、鯨ウオッチングで有名なハマナスのレストランで昼食。

外の大西洋には、鯨がはねているのが窓越しに見えます。

sa8-2L.jpg

しかし、時間がないっちゅうのに、まあ、お料理の運ばれてくるのが遅いこと、遅いこと。

昼飯に2時間も待たせるんじゃないっつーの。

ついにデザートは放棄して、外へ出てしまいました。

もっとよく鯨を見たかったのに、残念;;


sa8-3L.jpg

ハマナスで泊まったウインザーホテル。

手前の崖っぷちを降りれば、やはり鯨ウオッチングのポイントです。

sa8-5L.jpg



さて、この夜がツアーの最後のディナーということで、場所をマリーンホテルに移してのさよならパーティー。

sa8-7L.jpg

ケープタウンからは、大会理事長のJ・ヒールさん(写真中央の黒いジャケットのおじさん)もやってきました。

一緒のテーブルは、アルゼンチンのご夫妻とスイス人の図書館員。

sa8-8L.jpg

ハマナスのマリーンホテルにて。↑

おなじみ、キングプロテアの花。

南アフリカは春の始まり⑮

2004年9月10日~9月12日
IBBY(国際児童図書評議会)南ア大会のポスト・コングレス・ツアーに参加しました。


sa7-22L.jpg

住宅地から海岸へは、木組の小道ができています。

入り口に「この道は、各自の責任で通ってください」という立て札が立っていました。

え、どういうこと? 

ここで追いはぎにあっても、猛獣に襲われても責任もたんからねってこと?


sa7-23L.jpg

みんなで海岸に出て、はだしになって砂浜を歩いたり、海水に手をひたしたり・・。

あわただしい旅のいっとき、のんびりとした時間を楽しみました。



ダイアンさんと記念写真を。↓

sa7-24L.jpg

日本から持っていったささやかなお土産、絵葉書とボールペンを差し上げたところ、帰国してからお礼のメールが届きました。

「また会う日を楽しみに・・」と書いてありましたが、果たしてもう一度会う機会があるかどうか・・。


sa6-19L.jpg

ホテルに戻ると、ホールにはすっかりおなじみになったプロテアの花が飾られていました。↑

南アフリカは春の始まり⑭

2004年9月10日~9月12日
IBBY(国際児童図書評議会)南ア大会のポスト・コングレス・ツアーに参加しました。



sa7-15L.jpg

この日の昼食は、プレッテンバーグ・ベイの美しい海岸にある南アの作家、ダイアン・ホフマイアーさんのお宅で。

ワインをぐびぐび。

お料理も食べ放題。

おいしかった! 

しかし、これだけの人数のお料理を用意するのは大変だったでしょう。


sa7-16L.jpg

広いウッド・テラスで、ドイツ人のご夫妻と。↑

このご夫婦も、奥様がIBBYに参加されて、旦那様は同伴者でした。


sa7-17L.jpg

ダイアンさんのお宅のルーフバルコニーから、すぐ目の前に見えるのはインド洋です。↑

sa7-19L.jpg

ダイアンさんのお宅の全貌です。↑

ダイアンさんご夫妻は、もともと英国に住んでいたのですが、ここに移住したとのこと。

いいだろうなあ、こんなところで暮らすのも・・。

しかし、ぼけるかもなあ;;

南アフリカは春の始まり⑬

2004年9月10日~9月12日
IBBY(国際児童図書評議会)南ア大会のポスト・コングレス・ツアーに参加しました。



sa6-20L.jpg

プロテアホテルの食堂でご一緒したのは、スイスから参加していたご夫妻。

2年前、スイスのバーゼルで開かれたIBBYの大会にも参加したとのこと。

日本の美智子皇后のスピーチにいたく感動したそうです。

夕食の席は、各国からの参加者と話し合える貴重なときなのですが、ついつい、同じようなグループでかたまってしまって、あまり大勢の人と触れ合うチャンスがなく、惜しいことをしました。


9月12日

象さんに会いに、ナイズナの森に行きました。

sa7-3L.jpg

かつては象があふれていたというこの地域。

わずかに残った象を保護し訓練して、観光客とも触れ合えるようにしています。

アフリカに来てからずっと好天に恵まれていたので、傘を持たずにきたのですが、さすが雨林。

突然土砂降りの雨に見舞われました。

そこで売っていたビニールのレインコートはみごとに完売。

sa7-8L.jpg


あれ? かんりびとさんもいたんですか!

後ろで無邪気に遊び戯れている小象たち、なんともかわいらしかったですねえ。

sa7-10L.jpg

(写真撮るって言うから喜んだら、小象の引き立て役かよ!byかんりびと)

南アフリカは春の始まり⑫

2004年9月10日~9月12日
IBBY(国際児童図書評議会)南ア大会のポスト・コングレス・ツアーに参加しました。



sa6-13L.jpg

ダチョウの卵が大きいのは知っていましたが、こんなに皮が厚いとは思いませんでした。

ダチョウの卵の上にも乗ってみましたが、いかに丈夫かお分かりでしょう。

恐竜の卵もこんな感じだったんでしょうね。


sa6-14L.jpg

これは、ブーゲンビリアの花です。

日本でもよく見かけますが、いわゆる花は真ん中の白い部分で、赤いのは葉が変化した「がく」なんですって。

sa6-18L.jpg

その晩のホテルは、ワイルダネスのプロテアホテル。

中庭に生えていた椰子の木の葉っぱの先っぽをよく見れば、逆さになった鳥の巣が!

sa8-1L.jpg

ハタオリドリが逆さになって、せっせと作った巣なのだそうです。

巣の中に雨水が入らないためだそうですが、さすが季節でも何でもさかさまの南アのことだけあります。

Extra

プロフィール

catonbooks

Author:catonbooks
児童文学作家 末吉暁子の世界へようこそ!
公式HP「末吉暁子童話マップ」(01~16年)を元に、ちょびっとずつ公開。暁子さんの日記などは大体そのまま掲載しております。
猫とファンタジーを愛した作家の部屋へ、どうぞお立ち寄りくださいね~☆byりさ

アクセスカウンター

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: