Entries

「母校へ・・」

「母校へ・・」

平成16年5月1日
静岡新聞 夕刊コラム「窓辺」第5回 

末吉暁子 


母校である県立沼津西高校の創立記念日に呼んでいただいて講演した。

その数日前、世話役の同窓生から「びっくりするといけないから言っておくけど・・。」とお電話があった。私が在校していた頃は女子高だったのだが、なんと今は男女共学なのだそうである。

聞いていなければ、校門の近くで最初に二人の男子学生に会ったとたん、「あ、学校まちがえた」と引きかえしていたかもしれない。

しかし、母校に講演に行くなんて、内心は冷や汗もの。優等生でも真面目な学生でもなく、どちらかといえば反抗的で、映画と読書に明け暮れる毎日だったのだ。でも、今までの生涯で一番よく本を読んだ時代かもしれない。

そんな学生時代の読書体験や、作家になったきっかけ、自作についてなどを「物語の魅力」と題して語ったのだが、壇上からだと学生の顔もよく見えず、私の話がちゃんと届いているのかどうかもわからなかった。

学生たちとじかに話し合う時間もなかったのだが、講演後、女生徒がわざわざ校長室まで訪ねてきてくれた。「私が読んで感動した本が、講演を聞いて先生の本だと知ってびっくりした」のだという。

作者の名前など覚えてもらえないのは童話作家の宿命だから、こちらも驚かない。でも、こうした出会いは時々あって、そのたび、作家であることの幸せを思う。

その日は実家へ寄ってから、夜遅く東京に帰り、パソコンを開いてみて驚いた。私のホームページに、学生達からたくさんの感想やお礼やらの書き込みが入っていたのだ。検索してホームページを探し出したのにちがいない。私の話はしっかりと彼らに届いていた。疲れも吹き飛ぶ思いだった。


~~あとがき~~

講演後に校長室に訪ねてきた学生が読んで感動したというのは、『雨ふり花さいた』でした。本というのは、大部数が出ていなくても、このように時々、深く読者の心に届くことがあり、それこそが作者冥利に尽きるのです。

さて、高校時代に私がハマッた本といえば、なんといっても『チボー家のジャック』でしょう。その頃の感想文に「ジャックは私の永遠の恋人である。」と書いたくらいです。

『チボー家のジャック』は、ロジェ・マルタン・デュ・ガールの大河小説『チボー家の人々』の青春版とも言われ、ジャックを中心とした部分だけを取り出してコンパクトにまとめた本です。ジャックに恋した私は、当然『チボー家の人々』にもハマッていきます。
 
まだ学校の図書室にもそろっていなかったのですが、友達から借りて、全13巻を息も継がずに読了しました。高校2年の夏休みのことでした。

『人魚ひめ』

世界名作おはなし絵本
『人魚ひめ』

原作/アンデルセン 訳/末吉暁子 
絵/三谷博美  2007年小学館刊

ningyohime330x405.jpg

海の底に住む、人魚姫が恋をした相手は、人間の王子さまでした。

魔女に頼んで、美しい声と引きかえに、人間になった人魚ひめでしたが・・・。

ひたむきな恋を、詩情豊かにアンデルセンが描いた物語。

『プーさんのおはなしえほん2 Winnie the Pooh』

『プーさんのおはなしえほん2 Winnie the Pooh』

原作/A.A.ミルン 訳/末吉暁子 
2007年 フレーベル館刊 


「くまのプーさん絵本シリーズ」でおなじみの4つのお話が、1冊の大型絵本になりました。

シリーズ2作目を、ご家族でお楽しみください。

Pooh-winnie2-330.jpg


~~~収録作品~~~


「プーさんのたてたいえ」

プーさんとピグレットは、イーヨのためにおうちをたててあげることになりました。


「プーさんのぼうきれあそび」

はしの上からぼうきれをおとしてあそんでいると、川をイーヨがながれてきました


「ティガーのはねとびをとめるにはび」

ティガーのはねとびにこまったみんなは、もりのおくにつれだそうとそうだんします


「ピグレット だいかつやく」

プーさんとピグレットがオウルのいえにいると、つよいかぜにいえがたおされました

『プーさんのおはなしえほんWinnie the Pooh』

『プーさんのおはなしえほんWinnie the Pooh』

原作/A.A.ミルン 訳/末吉暁子 
2006年 フレーベル館刊 

pooh-winnie330.jpg

「くまのプーさん絵本シリーズ」でおなじみの4つのお話が、1冊の大型絵本になりました。

さあ、あなたもプーさんと仲間たちといっしょに、100エーカーの森の中へどうぞ。


~~~収録作品~~~


「プーさん ともだちをたずねる」

プーさんは、なんでラビットの家の入り口にはさまっちゃったの?


「ピグレット ゾッシーにであう」

こわがりやのピグレットは、なぞのいきものゾッシーをつかまえられるのかな?


「イーヨーのしあわせなたんじょうび」

今日は、イーヨーのたんじょうび。でも、かわいそうに、だれもきがついていないよ・・。


「ピグレット おふろにはいる」

おやおや、みんなでカンガをだまそうとしているけれど、そんなことできるのかな?

「新聞の力」

「新聞の力」

平成16年4月24日 
静岡新聞夕刊コラム「窓辺」第4回 

末吉暁子 



私が「窓辺」の執筆を喜んでお引き受けしたのは、斜陽産業といわれる出版界の、さらにマイナーな「子供の本」の現場から、小さな声でも何かを発信するいい機会だと思ったからだ。が、思いもかけず、たくさんの知人から励ましのメールや手紙をいただいた。

私を直接知っている方達だから格別の思い入れがあったのだろうし、他の執筆者が錚々たる顔ぶれだからという事もあるだろう。

しかし、それだけではない「新聞の存在感の大きさ」のようなものを励ましの中に感じ取った。

私は新聞を三紙購読している。新聞には面白い記事がたくさんころがっていて目が離せない。

特に社会面。事実を書いているだけなのに、抱腹絶倒する事もあれば、義憤にかられる事もある。童話の種にする事もある。だから、毎朝、丹念に目を通す。

このところの最大の関心事といえば、なんといっても、イラクで起きた日本人人質事件だ。もちろん、テレビは事件を伝えるのに威力を発揮したが、私はまた別の意味で新聞の力を感じた。

ニュースが流れた翌々日の未明、今度は、24時間後に人質を解放するという声明がテレビで速報された。日本中がほっとしただろうが、その段階では、まだ安否はわからない。

折悪しく、翌日の月曜日は新聞休刊日だった。テレビをつけても、ニュースの時間にならないと続報は聞けない。目隠しされたような気分になった。

こんなときに頼りになるのは新聞だと知らされたのが、休刊日だったからとは皮肉だった。

いろいろな情報が錯綜する中、ようやく人質は無事解放された。

よかった。まずは、最悪の事態が避けられたことを喜びたい。


~~~あとがき~~~

「窓辺」に連載が始まると、実際ずいぶんたくさんの方からお電話や手紙、メールをいただきました。

小学校の同窓生から、実に何十年ぶりかで、「窓辺」の執筆、おめでとう!とお電話をいただいたりもしました。

「おめでとう!」といわれたのは、娘の結婚式以来。雑誌に何か書いたりしたときには、ついぞなかった反応です。

新聞の存在感の大きさを実感したしだいですが、このホームページに転載してみると、別にどうということもない普通の記事です。

なるほど。新聞に署名記事を書くということは、世界の重大ニュースと同じ紙面に載るからこそ、意義があり、付加価値があったのでした。

Extra

プロフィール

catonbooks

Author:catonbooks
児童文学作家 末吉暁子の世界へようこそ!
公式HP「末吉暁子童話マップ」(01~16年)を元に、ちょびっとずつ公開。暁子さんの日記などは大体そのまま掲載しております。
猫とファンタジーを愛した作家の部屋へ、どうぞお立ち寄りくださいね~☆byりさ

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: