Entries

『ぞくぞく村の怪鳥ホヤホヤ』

『ぞくぞく村の怪鳥ホヤホヤ』

末吉暁子作 垂石眞子絵
2003年 あかね書房刊

zokuzokuhoyahoya.jpg

ホヤホヤは、透明人間サムガリーさんにくっついて、異次元世界からやってきた怪鳥のひなです。

フンジバットの秘宝、ダイアのネックレスをして、元気に配達のお手伝いをしていましたが……、

ある日、ネックレスがちぎれて、ぞくぞく村中に散らばってしまいました。

さあ、ホヤホヤは、飛び散ったダイアを全部さがしだせるでしょうか。

『ぞくぞく村のゾンビのビショビショ』

『 ぞくぞく村のゾンビのビショビショ』

末吉暁子作 垂石眞子絵
2002年 あかね書房刊

zokuzokuzonnbi.jpg

思い込んだらまっしぐらのゾンビのビショビショ。

すきなことは、こだわりのおしゃれをすることと、ガチャさんの世話をやくこと。

ビショビショは、ガチャさんのことが気になって気になってしかたありません。。

でも、ある日のこと、びっくりするような事件がおきて……。

『ぞくぞく村の魔女のオバタンの使い魔』

『ぞくぞく村の魔女のオバタンの使い魔』

末吉暁子作 垂石眞子絵
2000年 あかね書房刊

zokuzokutukaima.jpg

魔女のオバタンの使い魔、猫のアカトラ、こうもりのバッサリ、ひきがえるのイボイボ、とかげのペロリ。

ある日、小鬼のゴブリンから赤ちゃんたちのお誕生パーティーの招待状をもらっておおよろこび。

でも、招待状をもらわなかった魔女のオバタンは、おこって、ゴブリンの赤ちゃんたちをゆうかいしてきてしまいます。

『ぞくぞく村の雨ぼうずピッチャン』

『ぞくぞく村の雨ぼうずピッチャン』

末吉暁子作 垂石眞子絵
1999年 あかね書房刊

zokuzokupittyan.jpg

いたずらものの雨ぼうず、ピッチャンは、雲のオープンカーに乗って村の上空を走り回り、あちこちでにわか雨をふらせておおよろこび。

しかし、おこった魔女のオバタンや、ちびっこおばけたちに仕返しされて、雨をふらせるアンテナを使えなくされてしまいます。

雨ぼうずの体はだんだんひからびて……。

さあ、雨ぼうずの一大ピンチ!

『ぞくぞく村の雪女ユキミダイフク』

『ぞくぞく村の雪女ユキミダイフク』

末吉暁子作 垂石眞子絵 
1998年 あかね書房刊

zokuzokuyukimi.jpg

おけら山の上に住む雪女、ユキミダイフクは、手作りの雪の彫刻庭園がごじまん。

雪のきょうりゅうのひたいには、ダイアモンドをはめこんであります。

ところがある日、そのきょうりゅうが、ダイアモンドごといなくなってしまったから大変です。

小鬼のゴブリンのしわざと思いこんだユキミダイフクは、ゴブリンの家に乗りこみますが……。

Extra

プロフィール

catonbooks

Author:catonbooks
児童文学作家 末吉暁子の世界へようこそ!
公式HP「末吉暁子童話マップ」(01~16年)を元に、ちょびっとずつ公開。暁子さんの日記などは大体そのまま掲載しております。
猫とファンタジーを愛した作家の部屋へ、どうぞお立ち寄りくださいね~☆byりさ

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: