Entries

「がんこちゃん」

「がんこちゃん」

静岡新聞 2004年4月3日
夕刊コラム「窓辺」第1回 

末吉暁子


NHK教育テレビの人形劇「ざわざわ森のがんこちゃん」の脚本を書くようになって、9年目になる。

当初この仕事をお引き受けしたときは、まさかこんなに長くお付き合いする事になろうとは夢にも思わなかった。どころか、この番組は、 小学校1年生の道徳の授業で教材としても使われると知って尻込みしたほどだった。

幼い子供には、できるだけ教訓やお説教などを押し付けることなく、お話そのものの面白さを楽しんでほしいというのが、 子供の本の作家としての私の願いだったからだ。しかし、授業の中で見せられるのなら、いっそ、子供たちが15分間、 夢中になって見てくれる面白いお話を作ってみようと思うに至った。 元気な恐竜の女の子がんこちゃんは、幸い、子供たちに受け入れられたようだ。

「うちの子が『がんこちゃん』が大好きです」というお母さんにもよく出会う。テレビの影響力の大きさを実感する瞬間である。

子供達にはまずお話そのものを楽しんでもらいたい。とはいえ、昨今の子供達はきびしい環境にさらされている。

今年度は、特に「誘拐」や「連れ去り」に対する備えを盛り込んだお話も作る事になった。言うまでもなく、 最近、頻発する幼児連れ去り事件を考慮してのことである。

お話の中では、「めでたしめでたし」で終わらせるのは簡単だが、現実には悲惨な結果となる事もしばしばだ。悲しい事だが、 子供たちも無防備ではいられない。そんなメッセージが、「がんこちゃん」を通じて子供たちに届くだろうか。いや、 現実生活で子供たちがそんな事態に出会わないですむ事を願うばかりだ。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Extra

プロフィール

catonbooks

Author:catonbooks
児童文学作家 末吉暁子の世界へようこそ!
公式HP「末吉暁子童話マップ」(01~16年)を元に、ちょびっとずつ公開。暁子さんの日記などは大体そのまま掲載しております。
猫とファンタジーを愛した作家の部屋へ、どうぞお立ち寄りくださいね~☆byりさ

アクセスカウンター

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: