Entries

「子供の観客」

「子供の観客」

平成16年4月10日 
静岡新聞夕刊コラム「窓辺」第2回

末吉暁子 


アンデルセンの誕生日の4月2日は「国際子どもの本の日」なのだそうだ。これを記念して、私の属するJBBY(日本国際児童図書評議会)でも、3月28日、東京大崎で、「本をひらけばたのしい世界」と題して、読み聞かせや歌、人形劇などさまざまなイベントを行った。

私は主催者側の一人だったので、ペープサートで参加する事になった。ペープサートといっても一般の大人には耳慣れない言葉だろうが、紙の人形を切り抜いて割りばしを刺し、舞台のうしろで動かす人形劇のようなものだ。

去年あたりから、ときどきこのペープサートを演じる機会があるのだが、関わりのある編集者やらテレビの「がんこちゃん」で知り合った声優さんやらを巻き込んで、総勢7,8人にもなる大人数で演じていた。子供の本の編集者といっても、案外、日常は、ほとんど子供と接する事がないものだ。慣れない仕事でフーフーいいながらも、編集者たちはけっこう楽しそうだった。

しかし、今回は予算ゼロ(!)だという。声優さんにお払いする足代も出ないとなっては仕方がない。私が一人でやるっきゃない!

無謀は承知の上だが、自分の書いた作品を演じるのだから下手でも許されるというものだ。と勝手に決めて臨んだものの、小さな観客たちは真剣そのもの。会場の前の床に座り込んで、それこそ食い入るように全身全霊で見てくれた。こういう子供たちを前にしては、演じ手も真剣にならざるを得ない。

最近、母親たちの間で子供達への読み聞かせがはやっているという。わかるような気がする。何より演じ手自身が充たされるのだから。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Extra

プロフィール

catonbooks

Author:catonbooks
児童文学作家 末吉暁子の世界へようこそ!
公式HP「末吉暁子童話マップ」(01~16年)を元に、ちょびっとずつ公開。暁子さんの日記などは大体そのまま掲載しております。
猫とファンタジーを愛した作家の部屋へ、どうぞお立ち寄りくださいね~☆byりさ

アクセスカウンター

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: