Entries

『ミナの物語』、『いつもいつまでもいっしょに!』

『ミナの物語』
デイヴィッド・アーモンド 東京創元社

『いつもいつまでもいっしょに!』
フース・コイヤー 福音館書店

MOE 2013年2月号掲載 
書評・末吉暁子


『肩胛骨は翼のなごり』で日本にも熱狂的な読者をもつ英国の作家、デイヴィッド・アーモンドが、'12年秋、来日。

日本の各地で講演会やワークショップを行った。ワークショップでは、創作を目指している若い学生や作家志望の人たちに、アーモンドは、「書きたいと思ったら、書くこと。書き続けることが、何よりたいせつ」と、淡々としかし熱く自身の体験を語ってくれた。

書くことを目指している人たちには、大きな励みになったことだろう。


最新作『ミナの物語』は、『肩胛骨・・・』で、主人公のマイケル少年の友達として登場し、鮮烈な印象を残した少女ミナの物語だ。

2013MOE-2-A.jpg
自由奔放に発言し行動するミナは、「愚かでわがままでしつけがなっていない」と、とことん学校の教師からうとまれる。

不登校になったミナを全面的に理解し受け入れ、自宅学習という道を選ぶ母親の姿が毅然として美しい。

そんなとき、隣家に引っ越してきたのが、『肩胛骨は・・・』の主人公マイケル少年の家族だ。


『ミナの物語』は、終始、木の上からこの家族の事を見守っていたミナが、勇気をふりしぼってマイケル少年に声をかけるところで終わっている。

そう、これは、時系列的には、『肩胛骨は・・・』より先の話になる。だから、先に本書を読んでもいいのだが、実は、このときすでにマイケル少年は、古びたガレージの中にいる不可思議な存在と出会っていて、後に友達になったミナといっしょに、深く関わっていくことになる。

だから、やっぱり、『肩胛骨は・・・』を先に読んでおいたほうがいいかもしれない。


もう1冊、『いつもいつまでもいっしょに!』の主人公ポレケもまた、詩を書くことが大好きで、どんなときも自分の思いを率直に表す少女。

もし、ミナとポレケが出会うことがあったら、二人はいい友達になれるだろう。

2013MOE-2-B.jpg

ポレケも、なかなかシビアな環境にいる。両親は離婚しているが、父親はホームレスのような暮らしをして、しょっちゅう母親に金の無心にくる。

それでも、ポレケにとってはかけがえのない大好きなパパなのである。

クラスには好きな男の子もいるのだが、宗教の壁に阻まれる。

さまざまな人種が住み、同姓婚も認められたオランダではあるが、宗教の壁は厄介なのである。

さらにポレケに追い討ちをかけたのは、なんと、担任の先生と母親が恋に落ち、いっしょに暮らし始めたことだ。

家に帰っても、担任の教師がいるなんて、最悪!


それでも、まっすぐまっすぐ歩いていくポレケがさわやかだ。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Extra

プロフィール

catonbooks

Author:catonbooks
児童文学作家 末吉暁子の世界へようこそ!
公式HP「末吉暁子童話マップ」(01~16年)を元に、ちょびっとずつ公開。暁子さんの日記などは大体そのまま掲載しております。
猫とファンタジーを愛した作家の部屋へ、どうぞお立ち寄りくださいね~☆byりさ

アクセスカウンター

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: