Entries

文学フリマに出展しました②

文学フリマに出展しました②
2009年5/10


ここが「鬼ヶ島通信」のブース。

50+3号の発売には、ちょっと間に合いませんでしたが、ミヒャエル・ゾーヴァ絵の表紙画像だけ、一足先にパネルにしてディスプレー。

freem-31-450x300.jpg

この時点では、表紙の色を赤にする予定でした。

ブースの前の張り紙のキャッチコピーは、野上編集長がその場で即席に書いたものです。


店番しているのは、鬼ヶ島からやってきた赤鬼・・・じゃなかった、事務局を仕切るかんりびとです。

freem-32-450x300.jpg

お客、こわがって誰も寄り付かないかな?、と思いきや、かなりの人が足を止めてくれました。

古くからの「鬼ヶ島通信」の購読者も、何人か、わざわざたずねてくれました。

ありがたや~!


両隣の若者のブースに挟まれて、貫禄十分で店番するのは、鬼の野上編集長と編集委員のBさんです。

freem-05-450x300.jpg

「改めて読み直してみると、鬼ヶ島通信、なかなか面白いじゃないすか。」

「いやいや、我々の努力のおかげだよ。」などといっていたかどうか・・・知りません。


freem-39-450x300.jpg

「あら! 鬼ヶ島通信だって! おもしろそう!」

「ほんとだ。おお! ミヒャエル・ゾーヴァの表紙だ!」と、サクラを演じている編集長と末吉。

そこへ、助っ人に駆けつけてくれたのは、編集者のKさん。やれやれ、これで、鬼のブースもだいぶ平均年齢が下がりました;;

文学フリマに出展しました①

文学フリマに出展しました①
2009年5月10日


5月の大型連休も終わった10日、東京の大田産業プラザで開催された「文学フリマ」に、わが「鬼ヶ島通信」もはじめて出店しました。

freem-16-900x300.jpg

ごらんのように会場は大賑わい。熱気むんむん。


「文学フリマ」は、基本的には学生や若い人たちの同人誌、自費出版の本などの展示即売会ですが、出展料を払えばだれでも参加できます。(もちろん、細かい規定はありますが・・・。)

プロの作家や編集者も、毎回かなり来場します。

2002年のスタート以来、第8回めの今回は、最多の300以上の雑誌が出店したそうです。

若い人の間では、文学の主流はネットや携帯に移ったかのようにも言われていますが、なんとなんと、こんなにおおぜいの人たち
が真剣にお気に入りの雑誌を求めてやってきたのです。

ここでは、まだまだ活字文化が健全な存在感を放っているのが実感できます。

freem-01-180x300.jpg

ひとつのブースは、幅90cm奥行き60cmのテーブルがすべてです。できれば「鬼ヶ島通信」は、創刊号から最新号まで全冊を展示したかったのですが、とても無理。

今回は、文学フリマ限定の「鬼ヶ島通信」特製ポストカードを作成して、お客様をお待ちすることにしました。

今回の文学フリマの会場写真は、鬼の読者の浜さんに撮っていただきました。浜さん、ありがとうございました。

福岡に行きました⑬

福岡に行きました⑬
2002年5月



これは、帰りの空港でたまたまであった備前ガラス製品の展示即売。

fukuoka25.jpg


ぐい飲みや、切子のグラスが大安売りで、思わず買い込んでしまいました。

fukuoka23.jpg

福岡に行きました⑫

福岡に行きました⑫
2002年5月



志賀島をぐるりと回って戻ってきた後は、 やはり、志賀海神社にお参りしなくちゃ・・。


fukuoka22.jpg

わたつみの神ら三神が祭ってある志賀海神社は、海の守り神として、昔から漁民に厚く信仰されていました。

ここも、四季折々に古式ゆかしい祭事があるようですが、今は訪れる人もなく、静かなたたずまいでした。

福岡に行きました⑪

福岡に行きました⑪
2002年5月



金印公園のある志賀島(シカノシマと読みます)には、何度か来たことがありますが、今回、初めて、島をぐるりと一周しました。

すると、島の突端近くに素敵なレストランを発見。

さっそく途中下車しました。

fukuoka21.jpg

「アイランド」という名前の、このイタリアンレストランで、地元産のとこぶしの酒蒸しを注文すると、「これは白ワインと一緒に召し上がっていただきたい」と、一杯サービスしてくれました。

わーい、やった!

実は、その前に別の食堂で昼食を済ませていた私たち、先にここに来ていたら・・と残念でした。

よし、また来よう! と、夢とキボーがわく、わたしでした。

Extra

プロフィール

catonbooks

Author:catonbooks
児童文学作家 末吉暁子の世界へようこそ!
公式HP「末吉暁子童話マップ」(01~16年)を元に、ちょびっとずつ公開。暁子さんの日記などは大体そのまま掲載しております。
猫とファンタジーを愛した作家の部屋へ、どうぞお立ち寄りくださいね~☆byりさ

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: