Latest Entries

メキシコ・マヤ古代遺跡の旅 29

メキシコ・マヤ古代遺跡の旅 29
2007年9月


0709mexico134-450x600 (1)

チチェン・イッツァはユカタン半島の北部にあり、約6K㎡の地域に神殿や天文台などの建物がある、壮大な遺跡です。

ちなみに、チチェン・イッツァとは、「魔女の口の水」という意味だそうです。


左上の写真は、かの、ククルカンが降臨するといわれる神殿です。

ご覧のとおり、直前まではいいお天気。

しかしよく見ると私の後ろには、不穏な雲の動きが・・;;

果たして、いよいよ、そのときが来たというので、みながぞろぞろとこの神殿の目に集まりだしたとたん、ポツリポツリと雨が! 

見る見る、土砂降りになったではありませんか。

うわーん;; まさか!


それでもあきらめきれずに神殿の前から動かないで待ち続けていたのですが、雨雲は四方八方から押し寄せて、雨はやむ気配もありません。

その時点で私もあきらめました。

それでも残っていた人たちもいたのですが、雨脚はさらに激しくなって、今度は戻るに戻れなくなってしまったそうです。

やっぱり、日ごろの心がけでしょうか。

それとも、雨の神チャック(トラロック)が憑いて回っていたのでしょうか。


というわけで、上の大きな写真は、もしも、無事、ククルカンの降臨があったら、こんな風になるはず、という写真を借りてきて載せました。

日没と同時に伸びてきた日の影が、徐々に下がります。

そして、明るい部分が、蛇の胴体のようにうねりながら階段を下りはじめ、最後に一番下の蛇の頭の彫刻につながるという、何とも壮大な光と影のページェントです。

メキシコ・マヤ古代遺跡の旅 28

メキシコ・マヤ古代遺跡の旅 28
2007年9月



0709mexico122-450x338.jpg

いよいよチチェン・イッツァに・・。

これはレストランの近くにいた犬。

人懐っこくおとなしいのですが、触ってはいけないといわれました。

狂犬病の予防接種などはしていませんからね。

うっかり触れて、かまれたりしたら、大変です。


0709mexico131-450x338.jpg

上は、チチェン・イッツァのセノーテ(泉)。

直径約60M、水深約80mにもなる、このセノーテは、飛び込んだら再び浮かび上がれないそうで、いけにえや神への供物が投げ込まれていたそうです。

メキシコ・マヤ古代遺跡の旅 27

メキシコ・マヤ古代遺跡の旅 27
2007年9月


0709mexico129-450x338.jpg

神殿をあがりきったところからは、密林のあちこちに点在するピラミッドが一望できます。


0709mexico130-450x338.jpg

ここでのハイライトは、エクバラン遺跡の神殿の上の壁にある翼を持った神の像。

マヤの天使と呼ばれています。

メキシコ・マヤ古代遺跡の旅 26

メキシコ・マヤ古代遺跡の旅 26
2007年9月


0709mexico123-450x338.jpg

左のアーチから神殿へ・・。

神殿の前にはサウナ風呂がありました。

神事の前に、身を清めるためだったといわれています。


0709mexico127-450x338.jpg

神殿に通じる大きな階段があります。

中央の建物には、戦士たちの控え室や寝室の石ベッドなどがありました。

メキシコ・マヤ古代遺跡の旅 25

メキシコ・マヤ古代遺跡の旅 25
2007年9月


0709mexico118-450X475.jpg

メリダのホテルを出発する前に写した窓の外の光景。

白い建物の美しい町並みです。

お天気は上々。

さあ、いよいよ出発です。



0709mexico113-450x338.jpg

お目当てのチチェン・イッツァに行く前に、近くの遺跡、エクバランに・・。

道も整備されていない草むらの奥深くにひっそりと眠っていた遺跡です。

Extra

プロフィール

catonbooks

Author:catonbooks
児童文学作家 末吉暁子の世界へようこそ!
公式HP「末吉暁子童話マップ」(01~16年)を元に、ちょびっとずつ公開。暁子さんの日記などは大体そのまま掲載しております。
猫とファンタジーを愛した作家の部屋へ、どうぞお立ち寄りくださいね~☆byりさ

アクセスカウンター

最新記事

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: